ヒッツキムシ恐るべし (@_@;)

またまたシャンプーの翌日に次男が日向ぼっこをしていたソラを触りまくっていて硬い物に触れた感じがして見つけ出しました。
画像

3人がかりで押さえつけ場所を調べて2つの瘡蓋発見。
消毒と薬を付けようと更によく見ると尖った物が半分くらい皮膚に突き刺さっていたので引き抜きました。

画像

瘡蓋を取りイソジンで消毒 先日から使用している膿皮膚症の薬をシュッと吹きつけました。
尖った莢がヒッツキムシ多分コセンダングサの莢
現地で写真を撮ろうとしましたが枯れて本来の姿が解り難いので↓に図鑑のリンクを付けました。
雑草がある場所でヒッツキムシが付いた経験がある場所んでは遊ばせないに越した事はありません。毛に隠れて見えない処にくっ付いて居る可能性があるので素手で全身くまなく擦って捕り除いてやって下さい。
特に尖っている物は危険です。(経験者は語る)

くっ付いたセンダン草今の様子
画像


関連ハスキーブログ  2014年8月2日 にアップされていて記憶に有ったので

“カブろぐ” ノギが刺さる

松江の花図鑑でいろいろなヒッツキムシを呼ばれる植物が写真付きで載っていました。
時間のある方はご覧ください。
ヒッツキムシ コセンダングサ

土曜日のシャンプー風景 (^^)

画像

シャンプー液を薄めたお湯を少しづつ掛けてゴシゴシ

画像

顔もゴシゴシ

画像

背中がブラックのなのに毛先以外は白いので全身が白っぽく見えす。(笑)

画像

タオルドライ中 膿皮症部分を消毒するべく極薄の消毒液を入れていたペットボトルで遊んでいます。

画像

まだまだ地図の様に瘡蓋ライン
治りが遅いので今日病院に行ってあれやこれや相談

画像

とげが刺さった部分に残りが無いか見てもらったり、治りが遅い事も報告
1週間分の内服薬頂きました。 
経過を観察する事が多い (-"-)

"ヒッツキムシ恐るべし (@_@;)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント